トップに戻る

美しく長く、ふさふさとしたまつげは女性の目力をアップしてくれる最強のパーツです。
ですが、マスカラやビューラーなどでのダメージや栄養不足で、抜けてしまったり長く伸びないまつげに悩んでいる方が多いのが現状です。
そんな悩みを解決してくれるのが、まつげに栄養を与えながら、美容成分によって健康なまつげの成長を促進してくれるまつげ美容液です。
まつげ美容液は薬ではありませんし、基本的に安全なものですから、どんな人でも魅力的な目元を作ることができます。

ただし、特に危険性のないまつげ美容液でも、使わないほうが良い人もいるのです。
それは逆さまつげの人です。
普通のまつげというのは、まぶたから眼球と反対方向に伸びていて、目に入ることはありません。
逆さまつげは、目の方向に伸びていってしまうため、目を傷つけてしまったり充血や炎症などを引き起こすことがあるまつげの病気です。
この状態のままでまつげ美容液を使うと、当然ですが逆さのまま成長してしまうので、傷つける頻度が多くなってしまいます。

それに、ブラシタイプでも筆ペンタイプでも、逆さまつげだと目に入りやすくなりますから、美容液によって強い刺激を受けることもあります。
目が強い刺激を受けると、炎症がひどくなったり、角膜に潰瘍が出来たりしてしまうかもしれません。
このように、逆さまつげの人は目への負担が大きいので、まつげ美容液は使わない方がいいでしょう。
もし逆さまつげでもまつげ美容液を使って長く伸ばしたいというのであれば、使用する前にまつげパーマをかけておくといいですね。

また、まつげ美容液はまつげの根元部分にまで綺麗に塗る必要があるので、まぶたに何らかのトラブルがある人も使わないようにしてください。
まつげ美容液はまぶたについてしまうので、トラブルを悪化させてしまうことがあります。
他にも、まつげにつけまつげやエクステンションをつけている方は使わない方が良いかもしれません。
美容液がグルーと混ざってしまうと、浸透を妨げることになるので結果的にまつげ美容液の効果が得られません。
ただし、つけまつげやエクステンションをつけていると、まつげには大きな負担がかかってしまうため、抜けやすくなってしまいます。
ですので、外したときにはまつげ美容液でしっかりケアをして、抜けるのを防いだり切れたりしない丈夫なまつげを目指しましょう。

ただ、まつげ美容液はあくまでもまつげ専用の美容液なので、使っても大丈夫ですからあまり神経質になる必要はありません。



トップに戻る