トップに戻る

自まつげにそのまま使うまつげ美容液と下地は、マスカラのようにすぐに効果が出るものではないので、その違いが分からないかもしれませんね。
ですが、使い方は似ているとしても、まつげ美容液と下地というのはまったく違うものになります。
簡単に言ってしまうと、まつげ美容液はまつげの成長を促進するもの、下地はまつげを保護したりマスカラのノリを良くしたりしてくれるものという違いがあるのです。

まつげ美容液は、髪の毛に使う育毛剤や発毛剤などと同じで、まつげの毛根組織に働きかけてまつげを成長させるというアイテムです。
つまり、すかすかになった自まつげのボリュームをアップしたり、ハリのある健康的なまつげを作るというのが目的になっています。
一方、下地というのは、マスカラの前につけることでマスカラやビューラーによるダメージを防ぐという役割をしてくれます。
またマスカラの発色をよくしたり、ツヤを与える効果があるのでノリもよくなり、マスカラのメイクアップ効果を高めてくれます。
さらに下地はダメージから保護するという働きを持っているので、使い続けることでまつげを健康な状態にすることも可能です。
ですので、使い続けていくことでまつげにハリが出て美しくなるという効果は、まつげ美容液も下地も同じだと言えるでしょう。

ただ、まつげ美容液は自まつげの内部に働きかけるもの、下地は自まつげ自体に働きかけるものという点でも違いがあると言えます。
そのためまつげ美容液の効果は数週間経たないとわかりませんが、下地は自まつげに直接働きかけるので、その場で効果を実感することができます。
またまつげ美容液は毎日使わなくてはいけませんが、下地はマスカラを使う時だけつければ良いというのも違いになるでしょう。
このように、細かく見るといろいろな違いがありますし、働きそのものが異なるので、どちらかを一つを使えば良いというものではなく、まつげのためには両方使った方が良いのですね。

ですが、一緒に使う場合には注意点があります。
まつげ美容液は基本的に寝る前に使うものなので両方使うにしても特に問題はありませんが、中には朝と晩2回使う必要があるものもあります。
もし下地と一緒に使うのであれば、先にまつげ美容液を塗ってしっかり乾かしてから下地をつけましょう。
乾かないうちに下地をつけてしまうと取れやすくなったり、よれやすくなってしまいます。
またまつげ美容液と下地の成分が混ざってしまって、まつげ美容液の効果が半減してしまうこともあるので、どちらもしっかり乾かしてから使うようにしましょう。


トップに戻る