トップに戻る

まつげケアの定番アイテムとなっているまつげ美容液ですが、結局まつげがどうなるのかがよく分からないという方も多いかもしれません。
何が良くなるかというのは、簡単に言ってしまうとまつげが丈夫になるということです。
毎日マスカラやビューラーでメイクしたり、つけまつげやまつエクをつけていると、髪と同じようにダメージを受けて傷んでしまいます。
まつげというのは、タンパク質の一種であるケラチンで出来ていて、キューティクルで保護されています。
マスカラをつけてアイメイクリムーバーで落としていると、このキューティクルが剥がれてしまいます。
また、同じ部分にビューラーを当てていると、ケラチンが破壊されてしまいます。

つけまつげやまつエクはこのようなダメージは与えませんが、根元にグルーで装着するので、まつげの生え変わりを阻害します。
まつげの健康な状態を保つには、毛周期によって新しい毛と古い毛が入れ替わらなくてはいけません。
ですが、つけまつげやエクステをしていると、毛穴にダメージを与えてしまうので、生え変わるのを邪魔して結果的に傷んだまつげだらけになってしまうのですね。
それにまつげに常に重みを与えることになりますから、大きな負担をかけてしまいます。

すると、ハリがなくなったり抜けやすくなったりしてしまい、印象の薄いまつげになってしまうのですね。
まつげ美容液は、このような状態になったまつげの成長に必要な栄養成分が配合されています。
普段は与えることのない栄養成分を与えてあげることで、まつげのダメージを修復しながら、生え変わりを促進することができます。
つまり弱っていたまつげが抜けて新しいまつげと入れ替わるので、ハリのある健康なまつげにすることができるのですね。

ただ、具体的なまつげ美容液の効果に関しては、配合されている成分によってどのようなまつげになるかが違うということを知っておきましょう。
まつげ美容液には、まつげを長くする効果があるもの、まつげの量を増やす効果があるもの、まつげが抜けるのを防ぐ効果があるものというように、特化した効果を持っています。
このような特化した効果を持つまつげ美容液を使えば、自分がなりたいまつげにしていくことができます。
自まつげが健康だったら、マスカラのノリもよくなって目力アップ効果もアップしますし、つけまつげなどを使う必要がなくなるので負担も大きく減らすことにもなります。
ですので、まつげを健康にすることとダメージを軽減させることができるのが、まつげ美容液の魅力といえるのですね。


トップに戻る